memorandum
thinking about creation

東京都が公開した新型コロナウイルス状況のデータをグラフにしてみる

Entry Date _ 2020.03.06
/
ModifiedDate _ 2020.03.06

東京都 新型コロナウイルス対策サイト

世界で感染が拡大している新型コロナウイルス(covid19)によって、様々なイベントが中止になり、トイレットペーパーやマスクが品薄になり、ついには政府から正式に小中学校の授業を制限する勧告がなされる事態にまでに発展している。様々な情報やデマが錯綜する現在、正確なデータが最も必要であろう。

そんな折、すでに様々なメディアで報じられているように、東京都が3月4日公開された東京都 新型コロナウイルス対策サイトが大きな話題になっている。

tokyo.png

それは知りたい情報がスマートにまとめられているばかりでなく、ソースコードはGitHubに、デザインはFigmaに公開され、さらにただ公開されているだけではなく、貢献したい人が開発に参加できるような環境を構築されているという、これまでの公的機関のホームページでは考えられない先進的な試みがなされているからだ。

git.png fig.png

データをグラフにする

また東京都 新型コロナウイルス患者発表者数がクリエイティブ・コモンのオープンデータとして公開されている。そこで、これをChart.jsをつかってグラフにしてみることにした。ほんとうはリアルタイムに更新されるJSONを公開してくれたりしたらありがたいのだが、どうやらそれはないようなので、CSVをダウンロードして使用することにした。

chart.png

グラフのひとつ目は、感染者(東京都において新型コロナウイルス陽性が発覚した人の累積数)の推移のチャートである。そして、2つ目は新型コロナウイルス陽性者の年代分布である。

どちらも公式サイトには無い、個人的に見てみたかったチャートである。2020年3月5日の時点で、東京都の新型コロナウイルスの感染者累計は44名で、バレンタンデーの辺りから急激に増えてきていることがわかる。錯綜する情報のなかで実際の数字がなかなか把握しずらい状況に辟易しているところがあって、これをつくってみて少しスッキリした。

しかし、この44名にはすでに退院した人や死亡した人の数も含まれているので、こちらの情報の公開も待たれるところである。

サンプルを表示する

ソースについて

詳しい説明はしないが興味がある方はソースをご覧いただきたい。

ポイントとしては読み込んでいるCSVをオブジェクトに変換して使っていることだろうか。jquery-csvというプラグインを使うと「$.csv.toObjects(csvデータ)」という一言だけでCSVをオブジェクトに変換してくれるので大変重宝した。

Category

memorandum index